「セキュリティ」の転換点 ~新たなテクノロジーが拓く未来に向けた対策~

情報セキュリティワークショップin越後湯沢2017

  • HOME »
  • 情報セキュリティワークショップin越後湯沢2017

守るセキュリティからつなげるセキュリティへ

2017.10.6(FRI)-7(SAT)
湯沢町公民館/湯沢東映ホテル

おかげさまで本年も盛会のうちに終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ご協賛企業の皆様に厚く御礼申し上げます。
次は2018年3月1日‐2日「サイバーセキュリティシンポジウム道後2018」でお会いしましょう!


今年のキーワード「つなげるセキュリティ」は、あらゆるモノにネットワークがつながり価値を生む一方で顕在化したセキュリティリスクを総称したものです。

また、次世代に「つなげる」という思いも込めました。

セキュリティはセキュリティ専門家の仕事で、イノベーションはイノベーターの仕事という縦割りな考え方が、今日のセキュリティ対策の現状です。

WannaCryのようなリスクも顕在化した今こそ、縦割りを越えて価値を生むために、セキュリティをあらゆるイノベーション現場につなげていく必要があると考えます。

価値を生むセキュリティ、競争力としてのセキュリティ。

今回はさまざまなイノベーション現場の実情を把握し、セキュリティをどのようにバイ・デザインしていくべきかについて、皆さんで議論する機会としたいと思います。

協力・協賛企業(2017年)

logo_ipa
intelligent wave迷惑メール相談センターシスコシステムズ富士通
ルックアウト・ジャパンサイバー犯罪捜査知識体系編集委員会logo_nec
株式会社ラックマカフィー株式会社ISACA東京支部株式会社FRONTEO
株式会社サイバーディフェンス研究所ベイシス・テクノロジー株式会社AOSリーガルテック株式会社クロス・ヘッド株式会社
(ISC)2株式会社Geolocation Technology一般財団法人日本情報経済社会推進協会ネクスト・セキュリティ株式会社
アットシグナル株式会社株式会社インフォセック株式会社ワイ・イー・シー
株式会社沖データ丸紅OKIネットソリューションズ株式会社株式会社ITスクエアアルプス システム インテグレーション株式会社株式会社ENNA
株式会社フォーカスシステムズアドソル日進株式会社エムオーテックス株式会社トレンドマイクロ株式会社
標的型攻撃メール対応訓練実施キットPIPELINE Security株式会社情報セキュリティ株式会社BBソフトサービス株式会社
株式会社ディー・ディー・エス
  • facebook
  • twitter
PAGETOP