デジタルトランスフォーメーション時代の情報セキュリティ ~加速するデジタルと現実世界の融合~

「突破力」養成講座

  • HOME »
  • 「突破力」養成講座

サイバー犯罪 捜査・調査に踏み出す「突破力」養成講座 – ゼロをイチにする
開催のお知らせ

情報セキュリティワークショップin越後湯沢では、ワークショップ本開催前日に、情報セキュリティに関するハンズオンセミナーを開催してきました。

本年は、一般社団法人 サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)のご協力のもと、「サイバー犯罪 捜査・調査に踏み出す『突破力』養成講座 – ゼロをイチにする」を開催いたします。

1. 開催日時:2019年10月10日(木) 13:00~18:00
(情報セキュリティワークショップin越後湯沢2019開催の前日となります)

2. 会場:湯沢町公民館 会議室( 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2822)

3. 「突破力」養成講座の目的:
これまで利用者としてサイバー空間を活用されてきた人たちに、サイバー犯罪領域の捜査・調査に必要となる「知識」・「技能」・「心得」の観点から第一歩を踏み出してもらうために必要となる突破力を身につけてもらうことを目的とした講座です。
本講座では、初めて関連業務に携わられる方を対象としています。ご経験のある方は、興味を持っていただけそうな初心者の方をご紹介いただけると幸いです。

4. 「突破力」養成講座の概要:
本講座は二部制で構成されています。「第一部:討議」、「第二部:実習」です。

<第一部:討議>
サイバー空間では多種多様な情報を集め、分析することが可能です。しかしその「目的」を明確にせずに集められた情報で組織能力の向上につなげていくことは困難です。
本セッションでは、「討議用ケース」を示し、仮に自らがその状況下に置かれた場合、どのような分析や意思決定を行うことができるのかを検討いただきます。
この疑似体験を通じて、自分の考えについて整理を行っていただき実践的な能力を高めていただきます。

<第二部:実習>
サイバー犯罪の証拠を構成する情報を得るためには、「被害者(内部)」と「外部」の情報源から効果的に情報収集を行い、相関分析することで、前後関係(コンテキスト)を把握することが重要です。
本セッションでは、犯行の痕跡が残される情報源(内部/外部)を示し、広がっていくスコープに対して、どのように保全すべき個所を判断すべきなのか検討いただきます。
また、内部の情報源においては、あらゆるやりとりが介在する「メモリ」に注目します。実際に受講者のコンピュータにて、揮発性の高い痕跡から、システム上における最近の活動について、分析・追跡する作業を行っていただき実践的な能力を高めていただきます。

5. 参加資格 (下記要件をすべて満たす方):
(1) サイバー犯罪に関する情報から、捜査・調査分析の肝となるポイントを素早く見つけたい方
(2) Windows及びLinuxのコマンドラインインタフェース(CUI)で操作可能であることが望ましい。

6. 演習環境について
演習環境(コンピュータ、受講者各一台)を主催者側で用意いたします。
※攻撃手法の調査や、メモ、使用データの持ち帰りなどを目的とした個人PCの持ち込みは歓迎します。

7. 定員:40名

8. 講師:
林 憲明(はやし のりあき)
一般社団法人 サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)
今 佑輔(こん ゆうすけ)
トレンドマイクロ株式会社

9. 受講料:12,000円(演習用PCレンタル代含む)
原則として、受講時の受付にて現金でお支払いください。

10. 申込要領:
(1) 以下の記載例に従い、所属組織、受講者氏名、連絡先等を下記申込先へ、メールもしくはFAXにて、9月20日(金)までにお申し込み下さい。
(2) 原則として、同じ組織(部課室)からの参加は2名までとさせていただきます。
(3) 申込先着順とし定員になり次第募集を締め切らせていただきます。


申込書フォーム(例)
宛先:NPO新潟情報セキュリティ協会
「突破力」養成講座 申込ご担当者 殿
yuzawa2019@anisec.jp FAX:025-333-4881

所属組織:
所属部署:
氏名:
連絡先住所:
E-Mail:
電話:            内線:
FAX:
受講料支払方法(記載がない場合、受講当日受付にて現金支払いとなります)
領収書宛先:(記載が無い場合、受講者個人名で発行します)
その他:具体的に要望内容を記載ください。

例)受講料は受講後の請求書支払いで対応願います。
請求書の宛先は○○知事宛てにてお願いします。
請求書送付先は下記、受講者本人宛に送付願います。
〒xxx-xxxx
○○県○○市○○x-x-x
○○○○ ○○ ○○ 宛


11. 問い合わせ・申込先:
NPO新潟情報セキュリティ協会 情報セキュリティワークショップin越後湯沢実行委員会事務局
電話:025-290-7931
FAX:025-333-4881
電子メール:yuzawa2019@anisec.jp

お知らせ

不参加チケットの払い戻しについて

台風19号の接近通過に伴い、残念ながらご参加いただけなかった皆様に対しまして、参加チケットの払い戻しを行うことといたしました。 詳しくは以下のページをご覧ください 不参加チケットの払い戻しについて

台風19号の接近に伴い2日目プログラムを変更いたします

台風19号の接近に伴い、交通機関の計画運休が決定したため、2日目のプログラムを大幅に変更いたします。 変更後のプログラムはこちら ご参加者、講師、協賛企業の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。 J …

意見交換会は中止いたします

台風19号の状況を鑑み、 12日(土)17時から開催を予定していた「意見交換会」は中止いたします。 ご購入いただいているチケットにつきましては、会期中に現金で払い戻しをさせていただきます。詳細につきましては現地でご案内い …

プログラムを公開しました

現在までに決定しているプログラムを公開しました。 プログラム

「突破力」養成講座の参加者募集を開始しました

本年のプレイベントは、一般社団法人 サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)のご協力のもと、「サイバー犯罪 捜査・調査に踏み出す『突破力』養成講座 – ゼロをイチにする」を開催いたします。 参加人数に限りがあ …

  • facebook
  • twitter
PAGETOP